医師の勤務体系の変化

医師の以前までの勤務先

医療は複数の職種の人が関与することで、総合的に成り立っている分野です。
そのうち医師は、そうした医療に関わる職種のトップに君臨しています。
例えば看護師は、病院でさまざまな医療行為を行いますが、それらは全て医師の指示によるものです。
反対に医師の指示なく医療行為を行うと、看護師は医師法違反の対象になり得ます。
それほど重要な役割をする医師の勤務体系は、以前に比べると大きく変化するようになりました。
医師は医学部を卒業して、医師国家試験に合格しても、十分な臨床能力が備わっていません。
そのため医師が資格を取得すると、医療機関で研修を積んで、臨床能力を身に付ける必要があります。
その際に以前までは、医学部の教授を中心にして、勤務先を差配していました。

自由に勤務先を選択できます

そのため以前までは、都市部から地方まで、万遍なく医師を配置することが可能でした。
いっぽうこのシステムでは、医師個人の意思で、勤務先を選択できるとは限りません。
そこで最近は新しい卒後研修制度が定められて、自由に勤務先を医師が選択できるようになりました。
ところが現在の日本は全体の流れとして、都市部に人口が集中し始めています。
すると医師が勤務する医療機関が集中するのも、同じく都市部です。
こうした影響から、最近の医師の勤務体系は、都市部に集中するようになっています。
結果として発生したのが、地方の医療機関の医師不足です。
このようなことから地方の医療機関では、医師の確保を懸命に行っています。
例えば地方でありながら、給与水準が都市部より高い所も珍しくありません。
そうした点で最近の医師の勤務体系は、選択肢がとても広がるようになっています。

© Copyright Understand You. All Rights Reserved.