進歩する薬事情の今時

進歩する薬の薬局の対応

進歩する薬事情は薬剤師の手にかかっています。先発品薬と後発品と2つあります。後発品はジェネリック薬品と呼ばれています。特許が切れている薬品で先発品よりやすく入手出来ます。国家の医療財源の圧迫していることを解放していくための方法があります。飲み残しの薬を薬局に持っていき薬剤を調整してくれます。薬局に来れない方には、薬剤師さんが訪問してくれる地域もあります。お薬手帳を持っていくと数十円薬代が安くなるということが行われてます。お薬手帳で飲み合わせや注意点を薬剤師さんにチェックしてもらえます。医師のミスも薬剤師さんがチェックしてくれます。ジェネリックはまざりものの添加物が体調にあわない人もなかにはいます。

進歩する薬事情薬局の姿

24時間営業している薬局の薬剤師さんは無料でお薬の服用の相談を受けられます。別の薬局では夜間で電話相談してくれるところもあります。ですから、公的機関もかかりつけ薬局をつくるように推進しています。かかりつけ薬剤師さんがいると本当に安心していられます。薬は進歩する日進月歩ですが新しい薬はいままでなおらなかった病気がなおる時代が来ます。しかし、新しい薬は高額なものもあります。保険が効かない薬は利用者負担が高いですし、飲用方法が特殊なものもあります。副作用があり、例えば、飲用してすぐ眠くなり、飲用継続できないことも起こります。新しい薬でいままでなおならなかった病気に試行錯誤を繰り返しています。薬と副作用は大変です。

© Copyright Understand You. All Rights Reserved.